Home > 利用案内 > 図書室
(open new windows)  POST TO TWITTER (open new windows)  POST TO FACEBOOK (open new windows)  POST TO PLURK (open new windows)  GOOGLE BOOKMARK (open new windows)  YAHOO BOOKMARK
図書室
図書室
  1. 図書室新聞閲覧コーナー。概要:芸文ロビーから地下一階へ下ると迎えてくれるのは図書室。自然の光に溢れる中庭を囲んで、テーマ型展示コーナー、週刊コーナー、過去週刊コーナー、マルチメディアー・コーナー、開架書庫などが設置されている。台湾文学を軸とした資料蔵に没頭しながら、雅なる図書の空間に、歴史の特殊性によって育まれた独特な台湾文学のパワーを体得。
  2. 開架書庫:文学をはじめ、近代散文、詩、小説および脚本などが集められ、郷土文学、報道文学から母語文学、原住民文学に至ってのジャンルが多彩。他にも史料と伝記、文学評論とそれの比較に関する図書が多数所蔵。来訪者はそうした空間のなかで時空の移り変わりに思いを馳せつつ作家たちの彫刻絵、台湾文学の脈絡を辿る。
  3. マルチメディア・コーナー:マルチメディア館に、台湾歴史地理、伝統芸術、記録映画、文人伝記および彼らの作品による映画やドラマなどが所蔵されている。受付カウンターにはカタログが用意されており、閲覧証明の提示だけで閲覧することができる。
  4. 週刊コーナー:ここは現行と過去の週刊コーナーに分けられており、そのなか文学類週刊、学報を中心に集められている。今や約百余りの週刊誌が集積しており、自由に取って読書を楽しんでいただける。
  5. テーマ展示コーナー:館内の各イベントにあわせて、イベントのテーマに沿うような図書やマルチメディア資料などを厳選し陳列する。テーマ型の図書展示を通じて、来館者にイベントによって抽象化された概念をイメージしやすい知識として覚えていただく。
  6. 修士博士論文コーナー:台湾文学を領域に収まる修士・博士論文の閲覧を来館者に提供する。現在も、国内や台湾文学に関連する学位論文を募集しており、各関係者と研究者からの贈呈によって、館内蔵書の豊富化が望まれる。
  7. 当館出版品コーナー:近年出版されてきた図書が展示されている。そのジャンルは、作家全集、専属刊行物の展覧、さまざまな文学賞に当たる作品集、研究会論文集、あらゆる台湾文学に関連する書籍が揃っている。当館をはじめとする例年の出版品に関する問い合わせは、「作家と出版品」で検索。
  8. 研究報告コーナー:当館例年以来、委託研究として積み重ねてきた研究成果とその報告書がある。未刊のものが多数有しており、参考に値するものが多い。
  9. 特別収蔵資料コーナー:2006年9月5日にオープン。特別収蔵資料や文学館収蔵品の閲覧サービスを提供している。
  10. 集中書庫コーナー:地下2階に位置し、文学研究に用いられる参考資源を収めている。当書庫の利用は閲覧サービスの申請が必要となっている。
  11. 温かい児童書房。児童書房コーナー:台湾文学館1階右半分は、常設として開放される児童文学閲覧エリア。蔵書は文化類の児童図書がメインであり、0~13歳の子供に向けて閲覧サービスを提供している。児童の台湾文学、参考書、児童文学図書、少年文学図書、テーマ型推奨図書、親子エリアおよび季刊が設けられている。また、さまざまな教育推進イベントを開くことをきっかけに、多元的に書籍を展示し、ボランティアの語り部、親子交流、講座などの方式を通じて子供に楽しい学習環境づくりと学習経験を与えている。同時に、自己探索の楽しみを植え付けながら、子供に文学の閲覧に親しんでもらう。当エリアの図書は所定の閲覧室で閲覧することになっているため、図書の帯出は受け付けません。
図書室蔵書棚 一般市民に親しまれる図書室
便利な検索システム 週刊雑誌展示コーナー
 
開館時間
毎週火曜日~日曜日09:00 ~ 18:00
休館日:毎週月曜日
所在地
台湾台南市70041中西区中正路1号
Tel
(+886) 6-221-7201
E-mail
service@nmtl.gov.tw
Web Priority A Plus Accessibility Approval