Home > 文学館について > 文学館概要
(open new windows)  POST TO TWITTER (open new windows)  POST TO FACEBOOK (open new windows)  POST TO PLURK (open new windows)  GOOGLE BOOKMARK (open new windows)  YAHOO BOOKMARK
文学館概要
文学館概要


* 国立台湾文学館の成り
台湾初の国家規模の文学博物館である「国立台湾文学館」は2003年10月17日、正式に開館し、運営をスタートしました。「国立台湾文学館」の建物は百年の歴史を有する国定文化遺産であり、1916 年、日本統治時期の台南州庁として落成されました。建築家森山松之助氏の手がけた西洋歴史建築様式で、台湾総督府及び監察院と共に台湾における有名な建築の一つです。本館の大部分は戦争や老朽化のため、1997年より修復作業が行われ、2003年に完成しました。文学、文化、建築、歴史が融合し、近年、台湾の「文化遺産修復再利用」の模範となりました。台湾文学館の使命は、台湾文学の発展を記録し、早期の原住民及びオランダ、スペイン、明朝、清朝、日本、戦後などの外来政権統治によるその時代の苦難に満ちながらも、多様に成長して来た文学を保存し、展示することにあります。本館では、同時に教育推進イベントを通して、来館者の台湾文学に対する理解を深めることに努めています。また、文学図書閲覧室、児童文学図書室、文学体験室などのスペースを設け、親子、青少年に知性的な空間を提供しています。台湾文学館は文学の種がこの台湾の地で深く根ざし、育ち、人々の文化に対する心を豊かにし、更には生活の一部になることを心から願っています。
* 誕生
1990.11
行政院文化建設委員会が第1回全国文化会議を開催。出席した学者および専門家は、南部に大型文学資料館を設立するよう呼びかけ、訴えることで意見が一致した。
1991
行政院文化建設委員会は「六カ年国家建設計画」の中で、「現代文学資料館」設立計画を提出し、全国の文学に関して統括することを打ち出した。
1994.7
行政院は「現代文学資料館」を「文化資産保存研究センター計画」に組み入れて、「文学史料組」を設立し、また、台南市の100年の歴史を有する古跡「旧・台南州庁」を設立予定地とした。
1998
各界の努力の結果、行政院は「文学史料組」を国家文学館に格上げし、最終的には「国家台湾文学館」と定めた。
1998.5.22
台南市の張燦鍙市長、行政院文化建設委員会の林澄枝主任委員、国立文化資産保存研究センター準備処の林金悔主任が正式に契約を締結し、「国家台湾文学館(準備処)」の設立基礎を定めた。
1999-2003
旧・台南州庁」の修復と改修工事を進める。
2003.10.8
旧・台南州庁」の修復と改修工事を進める。
2003.10.17
「文学が開館を祝し、文学資料が新屋に入る」―国家台湾文学館(準備処)の開館式典が行われ、正式に開館した。
2007.8.13
「国家台湾文学館」は準備段階を終了し、「国立台湾文学館」の改制を上申し、成立となる。
 
開館時間
毎週火曜日~日曜日09:00 ~ 18:00
休館日:毎週月曜日
所在地
台湾台南市70041中西区中正路1号
Tel
(+886) 6-221-7201
E-mail
service@nmtl.gov.tw
Web Priority A Plus Accessibility Approval