Home > 展示 > 平常展
(open new windows)  POST TO TWITTER (open new windows)  POST TO FACEBOOK (open new windows)  POST TO PLURK (open new windows)  GOOGLE BOOKMARK (open new windows)  YAHOO BOOKMARK
平常展
平常展
古い建築の新たな生命
古い建築の新たな生命

日本統治時代に台南州全域を管轄していた官庁や戦後の空軍供給司令部及び台南市政府の「旧台南州庁」として、すでに1世紀が過ぎています。その後「旧台南州庁」修復保存計画の実施により、この建物は近年における台湾の「再利用」という思考によって修復された官庁建築の重要な例となりました。その歴史的意義と価値をより際立たせるため、「古い建築に新たな生命を吹き込む」というテーマについて、1.日本統治時代の官製建築物台湾建築史における発展、2.旧台南州庁の建築美学、3.古跡の修復と再利用の意義という3つのポイントに分けてその内容を展示しています。見学者が懐かしさを感じるだけではなく、古い建築物の生涯におけるそれぞれの段階の歴史を理解し、旧台南州庁の豊富な内容を改めて認識してもらえることが期待されています。

展示期間:2011.10.22~2015.8.21
展示場所:国立台湾文学館‧1F展覧室A

Last Updated on 2016-08-25
 
開館時間
毎週火曜日~日曜日09:00 ~ 18:00
休館日:毎週月曜日
所在地
台湾台南市70041中西区中正路1号
Tel
(+886) 6-221-7201
E-mail
service@nmtl.gov.tw
Web Priority A Plus Accessibility Approval